タグ:祝日/イヴェント ( 4 ) タグの人気記事

Republic Day

本日はRepublic Dayでインド国家的には祝日。
家からスタジオまでの間にあるヒンドゥー寺院の今日の写真。
f0099915_915493.jpg

カメラを持っていると時々ここの写真を撮りたくなる。
ほぼ同距離から撮っていた昨年の写真がコレ。
f0099915_9153361.jpg

何が違うか? 
答えは右側にあるお寺の前の神様の絵が昨年中に新しく水色系のものに変わったのであります。ちょっと見えにくいですね。時間があるときにもう少し拡大した写真に変えます。
では、上部分の写真を...。    ガネーシャ神が可愛いです。
f0099915_9172320.jpg

[PR]
by ayako-ondes | 2007-01-26 23:44 | Diary★日記

Good bye, Winter

日中、洗濯物を屋上で干していたら、太陽がとても温かく感じられました。
f0099915_8311864.jpg

1月13日はインドの暦では祝日「ローリー LOHRI」、14日は「マカル・サンクラーンティ」、15日は「ポンガル」の日。ローリーはもともとパンジャブ地方、そしてポンガルは南インドのお祭りらしいのですが、収穫祭であり、太陽の神に感謝しつつ、人々の幸福を祝うというもの。そしてこれを境に、インドは冬に終わりを告げ、一気に春へと向かいます。

インドでは季節の変わり目に、祝日があります。3月には「ホーリー」があり、この後からすごい勢いで夏へと走り出します。また、インド最大のお祭り、11月(昨年は10月下旬)の「ディワリ」が終わると、冬の到来です。緩やかな変化でなく、凄まじい早さで変わります。気候と食べ物、そしてそこに住む人々の性格は似ていると感じます。

ローリーの夜は薪を囲みながら、家族や近所の人々と歌い踊り、お互いの幸福を祝うのが伝統なようです。またお米を牛乳で炊く甘いデザートを作ります。写真を撮り忘れてしまいましたが、一見炊き込みご飯のようで、食べてみると甘いので不思議な感じです。しかし美味しく、インドのお菓子と同様に、はまりそうな味です。
スタジオからの帰り道、薪を燃やし始めている人々を多く目にしました。インド人は家族や知人など、大勢で集まって一緒に過ごすことが好きな国民のような気がします。大家族で住んでいる家庭もとても多く、また家族で集う祝日も多いです。

それにしてもとても短い冬です。そして長い長い暑〜い夏がまたやってくると思うと、もうしばらくは少し寒くても冬のままであって欲しいです。

f0099915_8414674.jpg
写真2006/02
[PR]
by ayako-ondes | 2007-01-15 22:27

思いがけず...

いつも日曜と祝日を除いて、毎日スタジオへ通っています。
スタジオは音楽スタジオで、時々外部の音楽家も利用しています。
インド音楽を習い、また一緒に音楽作りをしているババールさん(歌手/作曲家)のスタジオです。 

1月1日は祝日にもかかわらず休みにはなりませんでした...。
日本のカレンダーに慣れている私の身体には、せめて正月休みが欲しいところでしたが、
1月1日はババールさんのお誕生日で、スタジオ近くのババールさん宅でプージャ(お祝い儀式)を行うので、朝の10時に来るようにと言われていたのです。 
時間通りについたものの、家は静まりかえっていて様子がおかしく、数度呼び鈴を鳴らした後、奥様がドアを開けてくれて中へ。。。 
そこで、「朝早く目が覚めてしまい、少しだけ寝ようと思ったら、思いがけず9時半まで寝てしまったので、プージャはあさってに変更した」と知らされました。
ババールさんの奥様はとてもおっとりとしていて、それでいてインド服のデザインから裁縫までこなす(自分でブティックを開いている)、料理も上手だし、とても感じがいい。
日にちを変更したと言われても全く悪い気がしません。チャイを頂いて、朝食を家で済ませていたにもかかわらず、サンドイッチまで頂いてしまいました。

そして、2006/12/31付けの Hindustan Times (ヒンドゥスタン・タイムズ) のCITY版に私の写真が載っていると、新聞をもってきて見せてくれました。
先週、ババールさんの友達の奥様がやっているギャラリーの開会式へでかけた時のものでした。 
インドの元大統領VP Singh氏をはじめとした、現代のインド画家の作品が集められ、またインドで最も有名なピアニスト、Briann Silas氏の生演奏付きという、とても贅沢な会でした。 
以下の写真がその新聞で、左上から二つ目の写真が私です。
何ともキャプションが、「Wanna have a cup of tea?  Pianist Ayako」。 紅茶の入ったカップを手に持っていて、ここでも、またしても「花より団子」の私です。
この日は1曲だけ最後の最後に歌の伴奏でピアノを弾きました。ちなみに中央の赤いスカートの女性は、女優のPoonam Dhillonさん。右上端の二人の女性がババールさんのお友達で開催者です。

f0099915_544023.jpg

f0099915_0214225.jpg


どれも素敵な絵ばかりで、何度も見返していましたが、特にVP Singh氏の絵は 手法にしても発想にしても、とても一人の人が描いているとは思えないほどに多彩で、そのどれもが素晴らしく、それでいて大統領だったというんだから。。。。。
世の中には多才な人がいるものだなと感心してしまいます。

下の写真はギャラリー(Alliance Fransaise)の写真です。29.Dec.2006

f0099915_6255070.jpg
f0099915_6262748.jpg
[PR]
by ayako-ondes | 2007-01-02 04:53 | Function★イベント
f0099915_4403236.jpg

インド、デリーにて初めてのNew Year’s Dayまであと20分。
外が騒がしくなってきているので窓を開けてみると、思いがけず深い霧で覆われています…。
今日は様々な場所でファンクション(催し物)やパーティーが行われていて、家の近くのマーケットでも。そしてそこからの音が流れてきています。
私は一人、家で2006年最後の日を過ごしています。日本が新年を迎えた直後に日本の実家にも何度か電話してみたものの、つながらず…。今日はふれられっぱしの一日です。
会えたら午後に会おうと言っていた友達からは結局連絡がなく(こういうことにはもう慣れてきましたヨ)、ディナーを一緒にしようと言っていた友達は体調が悪くキャンセルになってしまいました。今日の今日では今更どこかに割り込む気もしないので、一人で過ごすことになりました。それも悪くないです。それにしても、外はだんだん湧いてきているようです。こちらもワクワクしてきました。
もうすぐ12時になります。爆竹や花火の音もチラチラ聞こえます。
友達から電話が来ました。2分早いのではと思いながら、電話をとった瞬間、不通、切れてしまったようです…。また外が気になり窓の方へ行くものの、虫が入らないよう気遣いながら網戸と窓を開けるのが面倒になりパソコンへ戻り、そうこうしているうちに12時になりました!!! 

                                       A Happy New Year!
f0099915_4421221.jpg

     2007年が皆様にとっても良い年となりますように…。

それにしても 、インド人の時計は合っているのかな? ここで一気に盛り上がりというのがなかったようで気になります…。はじめて連続的な花火の音がしてきました。3分遅れです。ま、インドにしては3分しか遅れないのはすごい事かもしれないです。。。ヒー、びっくり! 家が飛んでしまうのではと思うほどの爆竹音。インド人は爆竹が好きなようで、秋のディワリのお祭りでは大量に打ち鳴らされます。新年はそこまでではないようですが、爆竹音にも景気付けられながら、ブログ、昨年のことでも思いつくまま書き続けていきたいと思っていますので、今後も読んで頂けたら光栄です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

<Today’s photos> 
インドではお花の種類は多くはなく、バラで紅白に飾ってみました。
もう一枚はインドのお菓子ミターイ。お祝い事などにもよく使われます。
つまみ食いした後に写真を撮る事を思いついたため、不揃いです。
[PR]
by ayako-ondes | 2007-01-01 00:30 | Diary★日記