インドでの日々を綴る


by ayako-ondes
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ショッピング ( 1 ) タグの人気記事

今日は日本大使館へ頼んでいた運転免許の翻訳をもらいに行きました。日本の免許から、インドの運転免許を取得するには必要な書類である。いつ運転するのかはわからないけれど、何でも時間がかかるインドのこと、持って来ていた国際免許期限が切れたので作っておこうと思って...。

デリーには各国大使館がどっさりと集まっている場所がある。日本大使館もそのひとつ。それにしても、どの大使館も建物の周りには広大な庭?  中にはテニスコートもあっちゃったりして、こんな広いところに一体何人の人が働いているのか? どうしてこんな広さが必要なのか? 九段下のインド大使館はそんなに広くはなかったけど...。とっても贅沢じゃな〜い?と思うのは私だけでしょうか。 昨年VISA関係で早朝にインドの内務大臣の家まで行ったけど、そこも広い庭があり、と〜っても素敵なところでした。"となりの晩ご飯”とかいう番組がありましたが、まさに"となりの朝ご飯”のノリでした、ハイ。

ところで、大使館の人ゴメンナサイ、ずっと行きたかった場所は大使館ではありません...。大使館の近くにあるSatushtiショッピング・アーケードに一度は行ってみたかったのでありま〜す。アーケードと名付けられているものの、想像するアーケードとはかなり違って、芝生が敷かれ樹々の茂る、まるで公園のような所にインドではおしゃれなお店が点在している場所。しかし、日曜が定休。私は特別なことがない限り、平日には動けない。というわけで、ここぞとばかりに行ってきました。f0099915_8152415.jpgそれほど広くはない敷地、もちろん大使館より狭い。店舗も少なすぎず疲れない程度に見て回れる手頃な広さだったので、一通り全部観ました。厚着だったこともあって、全部観終わったときには頭痛がしてきました。外国人旅行客がとても多く、お店の人も外国人にもきっと慣れているのでしょう。適度な距離をおいて執拗に近づいて来ないので、インドの喧噪から離れて、ゆったりと買い物ができそう、場所としては本当に気持ち良いところでした。しかしお店は、プレゼントやお土産には利用したいけれど、それ以外にはあまり用がなさそうでした。ただしイタリアン・レストランは除く。あくまで個人的な感想...。

さっさと切り上げて次なる目的地カーン・マーケットへ。ここも日曜休みのお店がほとんど。輸入食品のお店などもあり、外国人が多く利用するところ。つまり、集まっているお店の種類、そして何と言うのか、多少なりともインターナショナルな感覚が感じられるところなのであります。最大の目的はこの卵を買う事。
f0099915_8281641.jpg
南のマーケットではよく見るのですが、北デリーではまだ見つけられません。インドで普通に売られ使われている卵は、黄身の黄色がとっても薄く、殻も薄く、小さめ。新鮮と言う割には、割ってみると白身がへにゃ〜と流れる感じ。20個くらい食べてみて、嫌になってしまいました。その後、この卵に出会い、第一印象から惹かれるものが...。これは日本の卵と同じ色形、日付も入っているし、鳥インフルエンザも無しとスタンプまで押されています。最近値上げして6個入りで30ルピー(80円)、普通の卵の倍はするけど迷わず買いでしょうね〜。それからヒンディー映画のDVDを1本仕入れ(ボリウッド映画、これがまた味があります)、腹ごしらえに、前々から行きたかった一軒のお店へ。こじんまりとしていてレストランというほどでもないけれど、洋食系を中心に、ホームメイド・アイスクリーム始め各種デザートメニューも豊富。そして店内の壁には映画のポスターがきちんと額に入ってびっしりと飾られている。きれいだし、一人でも入りやすい雰囲気。写真は、残念ながら建物だけを撮るのはNGだったのでありません。ここでペンネ・アラビアータとアイスクリームを食べる。 さてお味は......ひゃ〜、バカ旨〜。ガーリックはどっさりだったけど、ソースが美味! 柔らかすぎのペンネ、そこは愛嬌でひとまず許せる範囲...。インディアン・テイストでない、イタリアン・テイストであったことに感謝感激。頭痛も軽減した。ニンニクの効果か? インドのレストランではチャイニーズはインド料理とともにメニューに並んでいることも多いが、味がインディアン・テイスト。外食は滅多にしないけれど、最近はついつい自分で作る物も中途半端なインド味におさまりがち。野菜を買えば、コリアンダーとチリはタダでどっさりと入れてくれるし、香辛料も試しに使ってみたくなる。それでおおかた失敗。このペンネ・アラビアータ、即座にデリーでの美味しいものトップ5入りである。

むかし友達と、自分がここでもう死んでしまうという最期に、何かひとつだけ食べるとしたら何を選ぶかという話をしていた時、一人の友達はペンネ・アラビアータと答えた。ペンネを見るだびにいつもそれを思い出す...。
[PR]
by ayako-ondes | 2007-01-25 23:23 | Khana★食