インドでの日々を綴る


by ayako-ondes
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:アート ( 1 ) タグの人気記事

思いがけず...

いつも日曜と祝日を除いて、毎日スタジオへ通っています。
スタジオは音楽スタジオで、時々外部の音楽家も利用しています。
インド音楽を習い、また一緒に音楽作りをしているババールさん(歌手/作曲家)のスタジオです。 

1月1日は祝日にもかかわらず休みにはなりませんでした...。
日本のカレンダーに慣れている私の身体には、せめて正月休みが欲しいところでしたが、
1月1日はババールさんのお誕生日で、スタジオ近くのババールさん宅でプージャ(お祝い儀式)を行うので、朝の10時に来るようにと言われていたのです。 
時間通りについたものの、家は静まりかえっていて様子がおかしく、数度呼び鈴を鳴らした後、奥様がドアを開けてくれて中へ。。。 
そこで、「朝早く目が覚めてしまい、少しだけ寝ようと思ったら、思いがけず9時半まで寝てしまったので、プージャはあさってに変更した」と知らされました。
ババールさんの奥様はとてもおっとりとしていて、それでいてインド服のデザインから裁縫までこなす(自分でブティックを開いている)、料理も上手だし、とても感じがいい。
日にちを変更したと言われても全く悪い気がしません。チャイを頂いて、朝食を家で済ませていたにもかかわらず、サンドイッチまで頂いてしまいました。

そして、2006/12/31付けの Hindustan Times (ヒンドゥスタン・タイムズ) のCITY版に私の写真が載っていると、新聞をもってきて見せてくれました。
先週、ババールさんの友達の奥様がやっているギャラリーの開会式へでかけた時のものでした。 
インドの元大統領VP Singh氏をはじめとした、現代のインド画家の作品が集められ、またインドで最も有名なピアニスト、Briann Silas氏の生演奏付きという、とても贅沢な会でした。 
以下の写真がその新聞で、左上から二つ目の写真が私です。
何ともキャプションが、「Wanna have a cup of tea?  Pianist Ayako」。 紅茶の入ったカップを手に持っていて、ここでも、またしても「花より団子」の私です。
この日は1曲だけ最後の最後に歌の伴奏でピアノを弾きました。ちなみに中央の赤いスカートの女性は、女優のPoonam Dhillonさん。右上端の二人の女性がババールさんのお友達で開催者です。

f0099915_544023.jpg

f0099915_0214225.jpg


どれも素敵な絵ばかりで、何度も見返していましたが、特にVP Singh氏の絵は 手法にしても発想にしても、とても一人の人が描いているとは思えないほどに多彩で、そのどれもが素晴らしく、それでいて大統領だったというんだから。。。。。
世の中には多才な人がいるものだなと感心してしまいます。

下の写真はギャラリー(Alliance Fransaise)の写真です。29.Dec.2006

f0099915_6255070.jpg
f0099915_6262748.jpg
[PR]
by ayako-ondes | 2007-01-02 04:53 | Function★イベント