人気ブログランキング |

インドでの日々を綴る


by ayako-ondes

<   2007年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

おとといからまたやられている。これ嫌い〜。それに1日フライングじゃない? まだ金曜...。
 
来週土曜は「ホーリー」というお祭りです。このお祭りの1週間前から巷では水のかけ合いが始まります。そして、だんだん透明な水が色水へと変わり、ホーリー当日に様々な色が飛び交い掛け合いとなる、とっても危険なお祭り。そしてインドは一気に夏へと駆け出す。こわい、こわい。

昨年はそれが1週間前から始まるとも知らず、誰かから嫌がらせされているのではないかと思ったほどでした。普通にいつものように、いつものスタジオから家への道を歩いていると、どこからともなく自分を目がめて水が飛んでくる。水がパンパンに詰められた小さな風船のようなものが、地面にあたり、びっくりする音とともに、足元に水が弾ける。あるいはダイレクトにぶつけられる。そして出会う子供たちは手に手に巨大な水鉄砲を持っていて、平気でひっかけてくる。その水はかなり飛ぶのでおもちゃだと思って馬鹿にはできない。

そして昨年のホーリー当日、全く知らない私は、一番色の掛け合いが盛んとなる午前に無防備にも何も武器を持たず、歩いていつもの道をスタジオへと向かったのでした。このいつもの道は近道のため、スタジオまでずっと住宅街を抜けていく。軒並み3階建てという家が続く地帯で、全ての家が全階ベランダ付き。このベランダから、道行く人目がけて、投げられる色水や色のついた粉々。子供だけじゃなく大人も「ハッピー、ホーリー!」といいながら、ニコニコしながら投げてくる。肩にも足にも、色水がかかってしまった。まるで、たけし城みたい(古いけど、こちらのデレビで最近目にした)。わめきながら、我慢ならずスタジオまで走って逃げた。かなり目立っただろうし、恰好のカモだったと思う。これで少しは「ホーリー」が何だかわかったつもりだったが、まだまだこれでは終わらなかった。

こんな日は家で休むのが一番だったんだと、休日出勤した真面目な自分を悔やみ、さっさとやること終えて家に引きこもろうと思った。今度は住宅街は通らないで、大通りから帰ろう。その方が安全だと思ったものの、更に違う危険が待っていた...。大通りに出るなり、バイクに乗った兄ちゃん集団に出会い頭に衝突。みんな二人乗りし、後ろに乗った人が色水を投げる係。みんなで奇声をあげながら、バイクを乗り回し、投げつけては喜んでいる。色をつけあうことで、幸福を祈るというとっても野蛮なお祭り。まずいことに、この集団の目にすぐさま止まり、囲まれてしまった。怖〜〜い。色水は投げつけられるし、頭にも何かがあたった。いや〜な感触、いや〜な予感......生卵であった。何がハッピーホーリーだ!! 仕返しするもの何も持っていない...。これではやられっぱなし...。次から次へとバイク集団がやってきて家へ帰れない。逃げるようにスタジオへ戻り、ペルパーに頼んでランチを買って来てもらい、午後になってから帰る事にした。髪の毛もバリバリになっていいトリートメントだ。

帰り道、どのベランダにも大勢の人が出ていて、街中が本当にお祭り気分でウキウキ状態。まだまだ余韻も残っているし、色水もいまだに大事に持っている人がいて、投げてくる。しかしこちらも頭に生卵で、頭のネジが緩んだみたい。「ハッピー、ホーリー!」と手を振りながら応える。一緒にやり合わないと楽しめない。しかし、来週のホーリー、少なくても午前中は家から出ないように...と思っている。

f0099915_22103331.jpg

f0099915_20382563.jpg
写真は昨年のホーリー
1枚目はスタジオの窓から。外で写真を撮ることがとてもできなかった。
2枚目はスタジオへのいつもの通り道、こちらはホーリー翌日の写真。
by ayako-ondes | 2007-02-25 16:55 | Diary★日記
数日、スタジオからの帰りが夜遅くなる日々が続いていました。もう、酔いそう...スタジオ酔い。パンジャビ・ソングの制作のためで、昨夜の夜中にようやく終わりました。

パンジャビ・ソングは、パンジャビー語で歌われるパンジャブ地方の歌ですが、一般にパンジャビ・ソングといったら、インド版ロック・ミュージックといったところ...。

パンジャブ州には、シーク教の総本山ゴールデン・テンプルもあり、シーク教徒(男性はターバンを巻いている)も多い場所。パンジャブ出身の人は、陽気で明るくフレンドリーで、エモーショナルと言われているように、パンジャビ音楽も、とってもネアカのお祭り音楽で、数年前からとても人気がある。ボリウッドの映画の中にも多く使われ、単独でのCDも多数あり、結婚式やその他のファンクションでも、ディスコでも、歌って踊れる音楽として重宝されている。
私もこの手の音楽は調子がいいから好きである。いつも聞く訳ではないけれど、止まって耳をすますよりも動きたくなる音楽なので、掃除がはかどる。
f0099915_19492493.jpg

パンジャブは、ヨーロッパの中のイタリア、日本の中の大阪に近いと感じている。パンジャブ・ソング、旋律はインド特有のうねりも多少あってインド調ではあるけれど、ベル・カントで美声を思いっきり響かせて歌い、声を自在に扱える高い歌唱力も必要。
で、大阪というのは…、パンジャビ・コントというのがあって、それがいわゆる大阪漫才のノリかな?って、そんなとりとめのない思いからです。

常にタブラやその他のリズム系の楽器がリズムを刻んでいて、時々「ハイハイ」などなどのかけ声やコーラスによる間の手も入ったりして、とにかく調子がいい。
インド人は歌が好きというだけでなく、歌がうまい人がとても多く、職業としていない人でも自分でCDを作ったりしています。

今回、スタジオでみんなで制作していたパンジャブ・ソングは、それが本業ではないけれど、歌が好きで、CDを作りたいという依頼者からのもので、ムンバイのあるところに頼んで一旦作ったけれど、あまり気にいっていないので、音楽を変えたいということでありました。

そしていよいよそれが出来、聞いてもらうことに…。みんなで依頼者の顔、反応を見ながら、ちょっとドキドキしながら、音楽がスタート。

依頼者の表情はあんまり変わらない。聞くことに集中している様子。
それも無理ないかもしれないな...。音楽の方はかなり作り変えたので、とまどいもあるだろうし、比較しながら聞くだろうし、頭の中はけっこう忙しく動いているようだ。
私たちのコンセプトは、歌詞の内容にある少年が少女をダンスに誘うところから、一緒に踊るところまでを、楽器を変えたりしながら表現したかったこと、また、ただただノリだけのありきたりなものでなく、違う雰囲気を出そうとしていた。
結果、出だしが特に、穏やかに始まるパンジャビ・ソングとなった。
依頼者にとっては、その前奏の部分が気持ちを高めていくには、パンチが十分でなかったらしく、正直最初の一言はあまり気にいっていない様なことを言われました。
それから、お互いの意見交換と、ヨッシャ、それでは…と、音楽をできるだけ依頼者の希望通りに変えていく作業が始まりました。
いつも思うのですが、意見交換などになると、インド人はとっても正直に自分の思っている事を言う。すぐに譲るのでなく、言われた相手も自分の考えやその良さなどを主張する。時々意見はぶつかったりもするし、数人が同時に話していたり、けんかにならないのかなと思うけれど、そのことでお互いが気分が悪くなるということはなく、時々笑いもあり、展開していく。ババールさんも、自分のコンセプトを強く主張し、音楽を聞かせながら、音楽に合わせて身体を横に動かしたり、大きなジェスチャーで指揮者のように振る舞い、「ハイハイ、ここが素晴らしい! どうよー!」と言わんばかり…。録音エンジニアも、何とか応えようと必死でPCと戦っている。そして、じわじわとどちらかが引っ張る方向へ進んでいく。綱引きを見ているような感じではあるけれど、結局は、お互いいいものを作ろうという共同制作になっているわけですね。
そして、最後には、改善し再び作り直した音楽に、依頼者本人が歌を付けて、録音を全て完了したのでありました。

このセッション、6時間以上続き、夜中12時を過ぎにみんなで遅いディナーを食べた。それもコテコテのインド料理、しかし、特別美味しいレストランからデリバリーしてもらったとかで、本当に美味、ついつい食べてしまう。お腹にたまりそう...。
しかしその時には、依頼者の顔は笑顔、笑顔…。どうしてかわかりますか? こんなに時間がかかったのも、ババールさんと、ババールさんの娘バニーが、歌の指導をつけて、依頼者の満足できる素晴らしい音楽へと仕上げたからです。歌はさすがに趣味程度なので、いつも鍛えている歌手のようにはいかず、何度も何度もやり直しの連続で、根気勝負。ネアカなパンジャビを歌うためには、心から陽気になってもらわないことには…。最初堅かった依頼者の心をどうにか解きほぐし、最後には、ノリノリにさせる。

そしてとどめは、そのできあがったCDを依頼者の車に持っていて、カーステレオでみんなで聴いてみる。どうしてカーステレオなのか不思議に思っているのは私だけのようでした。さすが新品の日本車●ヨ●、オーディオが良かったのかどうかは知らないけれど、依頼者も、お付きの運転手も大満足。ここまでくるのに、新たに作られた音楽も何度も聴いて耳慣れ、また何よりも、数段レベルアップした自分の歌に大満足だったんだろうな…。
夜中にも関わらず、車のドアを全開にしてしばらくカーステレオをご近所に響かせながら、ババールさんと依頼者、録音エンジニアは、握手したり、笑い合ったり、抱き合ったり…。一件落着、久々に「水戸黄門」を見たような後味でありました。


f0099915_19465831.jpg
by ayako-ondes | 2007-02-23 23:19 | Music★音楽
ネタ切れという訳ではないのですが、ついつい撮ってしまう うし様たち...。
このバラナシ編、食事中の方は見ないことを強くオススメします。食事中でなくても見ない方がきっといいです。決して狙って撮ったわけじゃないんです。たまたまオートに乗っていて「アッ!牛だ、パチッ」と押しただけで...。苦情が出たら即却下しなくては...。
f0099915_5451142.jpg

f0099915_544252.jpg

f0099915_5434194.jpg

f0099915_5444998.jpg

f0099915_543202.jpg

f0099915_544474.jpg

f0099915_5453122.jpg

           大変失礼いたしました。
by ayako-ondes | 2007-02-21 22:38
牛には大変お世話になっています。特に朝は、牛乳、バター、チーズに、ヨーグルト。乳製品ばっかり食べています。その元がどの牛なのか気にし始めると気になりますが、深入りは避けた方が幸せかもしれない。今回はデリーのうし特集です。
f0099915_5152188.jpg

f0099915_526415.jpg

f0099915_5131413.jpg

f0099915_5144017.jpg

f0099915_5145719.jpg

f0099915_5274465.jpg

f0099915_5254488.jpg

f0099915_5233975.jpg

by ayako-ondes | 2007-02-20 23:05

お〜シャングリア〜♪

新しい場所ってとっても行きたくなる。そして初めて通る道もワクワクする。高いところが好きな猿の感覚である。
f0099915_424341.jpg

この傾向、今も昔も変わっていない。ロンドンにいた時の私の愛用書はLondon地図『AtoZ』。もうこれが大好物で、ボロボロになるまでセロテープで補強しながら使っていた。基本的に地理&地図が好きなのであります。歴史は苦手。過去に誰がどうしたとかこうしたとか、訳がわからなくなってくるし、一旦、「へぇ〜!」と思っても、そのうちすぐに内容を忘れてしまう...。

現在の愛用書は『CITY MAP DELHI』。カラー版で 『AtoZ』の倍以上の大きさで重いにも関わらず、ついつい持ち歩いてしまう。インド人の名前や地名は、耳慣れずなかなか覚えられないのでこういうものがあると便利である。そして、私が密かにやっていることを内緒で教えちゃおう!! 新聞を見ていると、レイプや行方不明の記事が多く載っている。それがどこなのかをこの地図でしっかりチェックしているのであります。ちょっと怪しい感じですが、危険地帯は把握しておかないと...。

ロンドンでは日本人の友達に囲まれていて、よく連れ立っていろんな場所へ行った。しかし、今思うとおかしいのですが、友達と出かける日よりも前に思いが募り、AtoZを片手にいつも一人で下見に済ませていたのです。そして、当日にはしっかりと道案内をする。それも正直に「実は昨日下見に来ていて...」と話している。私にとってそれはとても自然なことだったけれど、一緒の友達はどんな気持ちだったのだろう?

デリーにいてもいつでも行きたい場所はたくさんあって、常に機会を狙っている。昨日はコンサートに行ったことを書いたけれど、実はその前に、まあまあ近いところにあるシャングリ・ラ・ホテルに寄っているのであります。このホテルはけっこう新しいし、その中の「19 ORIENTAL AVENUE」 というアジアン・レストランには日本人のシェフが一人いて、日本食も出している。新しいホテルの雰囲気やインテリアなどを観て、このレストランの日本食メニュー、そしてその他のレストラン、そしてSPAもチェックして、最後に美味しそうなパンがあったら買ってくるという計画。そしてルートを地図でチェックして出かけるのである。マメだな〜。こういうことに関してだけは...。
f0099915_4225592.jpg
写真は全て「19 ORIENTAL AVENUE」の模様。午後7時過ぎであったがまだ準備時間で、まずはメニューを見せてもらった。一般のメニューには、日本食は刺身や寿司ばかりだったので、コレ以外にはないのかなどいろいろと質問し始めたら、「ちょっと待っていて、聞いてくる」と言ったきり、そのお兄さんはなかなか戻ってこない。「まあ、座ってください。水でもどうですか?」なんて言っていたくせに、忘れてしまったのかな?ボ〜ッとしばらく待ってもこないので、写真とっちゃえってことになりました...。
f0099915_4241886.jpg

SHUSHI高いでした〜。ココももちろんいいけど、日本食レストラン○ムラの方がメニューも豊富だしリーズナブルで使いやすいだろうな。といっても、この手のレストランを利用することは稀にしかないのあります。
しかし、こうして書いていると、まともな日本食を食べたくなってくる...。
f0099915_4234686.jpg

by ayako-ondes | 2007-02-19 23:23 | Diary★日記

"フルートのショパン"

金曜から今日まで カマニ・オーディトリウムにてShriram Shankarlal Music Festivalが開催されている。いずれの日も、トリをつとめるのはヴォーカルのPandit Jasraj、サントゥールのPandit Shiv Kumar Sharma、そしてバーンスリーのPandit Hariprasad Chaurasiaといった豪華なメンバー。彼らの演奏は夜9時半過ぎから始まり11時過ぎまで続く。

今日はバーンスリーのハリプラサド・チャウラシアの演奏を聴いた。バーンスリーは指穴がたったの6個の竹の横笛で、「フルートのショパン」と称されるこのチャウラシアの出現によって世界中に知れるようになった。CDでしか聴けないと思っていた演奏を、生で聴けるなんて信じられない気持ちである。
f0099915_13143246.jpg
写真はロビーの飾りである。おそらく塩で描かれているのだと思う。インド音楽の演奏会では花びらが床に敷かれていたり、ロウソクがきれいに灯されていたり、インドのテイストにアレンジされている場合が多い。そして、今回はステージ上がたくさんの樹々と赤白の花々で目一杯飾られていて、演奏者は森の中で演奏している風であった。よくここまでやったなと感心する。

バーンスリーの温かく柔らかい木の音色を聴いていると、とても気持ちよい。伴奏に低音のドローンが響き、またタブラやもう一つの打楽器も加わったが、基本的に曲をいかに作って、どのようにもっていくかなどはチャウラシアががっちりとコントロールしている。そして時々打楽器奏者にも見せ場を作らせ、遊ばせている。曲の作りは1曲1曲違って、最後までゆったりとしたまま展開する曲もあれば(これはあまりの気持ちの良さに寝てしまう)、何度も小分けにクライマックスの作られる曲もあったり、最初から最後に向かって長大なクライマックスを作る場合もあり、多彩であった。鋭い感性と卓越した技で、たった1本の竹で聴衆を魅了させる。
圧巻は最後のラーガ・ベーラヴィ。インド音楽を聴くと、どうしても西洋音楽と比較させて聴いてしまう。西洋音楽が曲に自在な伸び縮みがあるのに対して、インド音楽は基本的なテンポは一定のままで音の長さによってそれを調整する。西洋音楽は建物のように縦にも構築していくが、インド音楽は横へ横へと変化をつけながら展開していく。ところが、この最後のベーラヴィは、目くるめくリズムの展開と曲作りで、まるでバッハの曲を聴いているようだった。チャウラシアのように国際的な舞台で活躍している音楽家はインド音楽という枠を超えてオールマイティである。チャウラシアの公演は3月の初めにまた聴ける予定である。

このところ通い続けて来たコンサートもこれで一旦落ち着く。音楽を優先させてしまったので、残念ながら重なっていた演劇の公演に行けなかった。演劇もぜひ観てみたい。自己顕示力の強いインド人の演技はいかなるものなのか興味深い。前にも書いたが、これらのコンサートはどれも無料であった。大小の多数のスポンサーや政府からの協力、あるいは学校の行事として組まれてたり…。いつまでこのような無料の公演を継続できるのかはわからないけれど、本当にお金払わなくていいのかな?とまだ慣れない感じで客席へと向かってしまう。ただし演劇になると時々有料のものもある。

PS.本日の公演でチャウラシアの前に演奏した女性ヴォーカルのKoushiki Desikan(Kumar Gandharva style)。遠目には若くた。名前は全く知らなかったが、素晴らしい歌を聴かせて会場も相当盛り上がっていた。今後チェックすべき歌手として覚えておきたい。
by ayako-ondes | 2007-02-18 23:59 | Music★音楽
またまた一気に9本アップすることになってしまいました。何とも不真面目で不健康なブログ...。コンスタントにいかなくて誠にスミマセン…。長らく続いた雨(雨が降るとケーブルに雨水が入って使えない不用意な仕組みになっていたらしく治してもらった)、ネット屋の電話の故障、自分がコンサート三昧で忙しかったなどなど、いろいろと重なってしまいネットがつながらない日々が続きました。今日ようやく再開。
それにしても、おとといの午前にも診てもらって、ようやくつながったと安心してでかけたのに、夜戻ると再びつながらない…。
そして今日、再度診てもらったら、今度は、リスがケーブルをかじったのが原因だった。修理のお兄さんは食いちぎられたケーブルを手にぶら下げてやってきた。
わからないでもない。リスは家の周りにはたくさんいて屋上あたりでは特に活発に動き回っている。そしてよく「ツツツッ、ツー」などと鳴いている。最初はリストは知らず、何の鳥がやって来たんだろうと外に出てみたりしていた。おもしろいことに、鳴き声のリズムとしっぽの振りはピッタリと合う。下は昨年部屋の窓にやってきたリス。
f0099915_137585.jpg

by ayako-ondes | 2007-02-16 22:53 | Diary★日記

Adam&Eve

ヴァレンタイン・ディですな…。でも私の今日は、アダム&イヴ・ディでありました。
時々、スタジオには外部から依頼される仕事が入る。今回は、アダムとイヴのお話のナレーションにつける音楽を作ることになり、今日はその作業で1日が終わりました。はじめの方はババールさんと一緒に作っていたものの、その後の全体的に流れる音楽を任され、柔らかい音色とピアノを使って、長調から短調という感じで、途中で2度ほど雰囲気を変えるということ、そしてナレーションに合う音楽をとのことだったので、好き勝手に作ってしまいました。
ピアノを…と言われた時から、イメージ的にピアノを使う気にならなかったので、そこのところはオルゴールの音に変え、あまのじゃく魂も込めました。それが功を奏して、あまり頑張らず、力むこともなく、好きな和音の運びを選んで作っていけて、なかなかいいものができました! パチパチ…。それにしても、私が作るものって、根っから明るい陽気なものにならない…。ちょっと暗めで、何かに憧れ求めるような音楽(ホンマかいな?って言われそう…笑)で、まさにアダムとイヴにもピッタリじゃないですか! 自画自賛っぽいけど、ひとまず、一瞬でも満足することって大切だと思って…。私の能力なんて知れたものだから…。

ところで、本当のところ、ババールさんとの共同作業より一人で作る方がやりやすかったりする。というのは、お互いの考えている音楽や出てくるものが全く違うので、どう共同作業したらいいのかわからなくなるから…。ババールさんの作るような音楽は、絶対に私は自分の中から出てこない。だからこそ、自分にないものに接することのできる良い機会を得ているとも言える。何でも考えようである。ともあれ、とりあえず自分の思う形にするまでは一人籠って作るのが好きな方である…。そんな私の傾向を知っているインド人の友達は、あなたが一人になって全身全霊を集中させているその時こそが、神があなた降りてくる時だと言う。インド人は、何に対しても、自分でそれを成し得たという考え方をしないで、それは神のおかげですと答えたりする。ある演奏家に、演奏がとても良かったと言うと、神がそうさせてくれたと神に感謝する言葉が返ってくる。
神に対する思いは日本人の私たちにはなかなかピンとこないところもある。少なくとも、私には根付いていない。しかし、インドでも音楽は神と密接に結びついている。ここらへんのところはまだまだ知り得ないことが多く興味深い。
by ayako-ondes | 2007-02-14 23:20 | Music★音楽

冬はコレですね!

ずっと気になっていたもの...。冬の名物いしやきいも。
f0099915_12501342.jpg

ここらへんで出しておかないことには季節が終わってしまう。そして今食べてみないことには、食べられないかもしれない。
これまでは誰かが買っているところを横目で眺めていたのですが、どうもインド式食べ方があるようで、買う勇気がなかったのです。
お持ち帰りもできるけれど、その場で食べている人も多い。まずは皮を小型ナイフで剥いてサイコロ状にし、こちらでよくある再生紙を利用して作ったような紙の皿に入れてくれる。そして塩、コショウ、マサラ、チリなどを好みでふって頂く。私が買ったのは1本10ルピー(約27円)。
イモの色が違う...黄色いスィートポテトじゃなくて、白っぽくて、テイストもスィートじゃなくて、ホクホクでなくて...。うーん、どういったらいいのか...ジャガイモでも里芋でもない柔らかくない「いも」でした。「サツマイモ」「スィートポテト」とは呼びたくないなー。何でも経験ですネっ。
by ayako-ondes | 2007-02-13 23:30 | Khana★食

ここは南デリーのSPA

f0099915_12123564.jpg

美容院も併設で、指圧、ホット・ストーン、タイ式などの各種マッサージができる。結婚式前のパッケージ・メニューも1週間、15日間、1ヶ月と、3コースもあった。結婚式に懸けるインド人もそれなりにいるのだろうな…。

今日は日曜、午前からまたまたカマニ・オーディトリウムでカルナータカ(南インド)のヴォーカルを聴いて、その後、ヘッド・マッサージにやって来た。ちょっとしたお楽しみを…。どんなところか見てみたかったし、どんなか試してみたかった。ちなみに値段は日本に比べてかなり安い。
利用した限り、施設的には合格だけれど、人間が…これ大切。受付のお姉さんはあまりにも愛想がないし、何の説明もない。たまたまそういう人にあたったのかもしれないけれど…。店内には観光客らしき人も含めて外国人の姿が多かった。そんなにサービス良くしなくてもお客は来るのだろうなと思ったりする。
そして私の頭を担当した男性は、繊細さが全くなく、今度ここを利用するとしたら、この人は避けたい。あるいは、また来るかどうか? あまり気が乗らない…。マッサージはツボにはまらないので、肩や背中を触られると中途半端で心地よくなく、最大の汚点は洗髪時に耳の存在を全く気にかけないので、大量の泡が入ってきたこと。びっくりだ。「それは止めて」。慌てて自分で拭き取ったけれど、濯ぐ時にも耳に対してのケアが全くなかった。こんなんでいいのかな? たまたまそういう人にあたっただけなのかもしれないけれど…。
by ayako-ondes | 2007-02-12 23:10 | Diary★日記