人気ブログランキング |

Hana*

f0099915_938256.jpg

ここは家の近くの花店です。花屋が2軒隣り合わせに並んでいるのでどっちに入ろうかといつも迷います。遠目に何気に比べて良さそうな花がある方の店へと向かいます。この時、キョロキョロしないで、いかにも迷っている様子は見せずに店に入って行きます。そうしないと、いずれもの店員と目が合ってしまい、更に店を決めづらくなるんです…。

しかし、右の店も左の店もたいした違いはありません。花の種類も、そしてセロテープをぐるぐる巻きにして花束を作るやり方も…。花の種類はそんなに多くなく、年中必ずあるのが、カーネーション、バラ、百合、ガーベラです。
インドの花屋では花束をお願いすると、ボリュームを出すために一緒に添える花や草(ちょっと違うけれど、かすみ草みたいな役目の花類)を添え、透明なセロファン・シートで包み、リボンをかけてくれます。お花代だけで他に費用はかかりません。また、花束以外にも、様々なアレンジメントもしれくれます。
f0099915_9504280.jpgそれにしても、すごい量のセロテープを使います。花束を束ねるとき、茎をセロテープで何十周もグルグル巻きにします。すごい勢いでテープカッターからテープを引き出します。シートも一つの花束で贅沢に4枚も使って、それもセロテープで貼り合わせます。そしてまたシートとともにグルグル巻きに茎の部分を何十周も巻きます。ノッポさんの数十倍も使うので、私はいつもドキッとするんです。そんなに使わないで、と止めたくなる思いにもなります。

子供の時の記憶はいつまでも心に残っているものです。昔、セロテープは便利なので、何にでも使いたかったのですが、セロテープの無駄使いは駄目、糊を使うようにと家の人に注意された記憶があります。しかし、好きで見ていたNHK教育テレビの「できるかな?」のノッポさんは、何かを貼り合わせる時にいつもセロテープや両面テープを使っていて、常に心の中で葛藤がありました。それで、今でもセロテープは少しずつしか使えないのです。
f0099915_9512292.jpg

by ayako-ondes | 2007-04-02 23:33